鉄パイプ・鉄鋼材・鉄継手販売の取扱製品一覧

サイトマップ
お見積もり/ご発注   (メールで依頼)お見積もり/ご発注  (FAXで依頼)

鉄(スチール)製品 - IRON(STEEL)PRODUCT

弊社の鉄(スチール)取扱製品の一覧です。鉄パイプ販売品・鋼材販売品は長さ4mまで、又は、ご希望の長さで切断して日本全国へ迅速に発送致します。
(4m以上の場合は「お引取り」となります。)

なお、ページの下方には、比較文化の学者であり、筑波大学講師でもある岡田和子先生による「覆された製鉄の起源」を掲載しておりますのでご覧ください!


   はてなブックマークに追加  LINEで送る   

取扱製品一覧

鉄パイプ販売品

丸パイプ 角パイプ
パイプ・丸パイプ 角パイプ・角鋼管

鉄鋼材販売品

アングル チャンネル C型鋼 H型鋼
アングル(等辺山形鋼) チャンネル(溝形鋼) C形鋼(軽量形鋼・リップ溝形鋼) H形鋼(H鋼)
I型鋼 (アイビーム) 軽溝形鋼 レール
I形鋼(アイビーム) 軽溝形鋼 レール(軌条)

鉄フラットバー販売品

フラットバー (平鋼)
フラットバー(平鋼)

鉄丸棒(棒鋼)販売品

丸棒 異形丸棒 角棒 六角棒
黒丸棒・磨丸棒
黒丸鋼・磨丸鋼
黒棒鋼・磨棒鋼
異形丸棒・異形丸鋼(D丸棒) 黒角棒・磨丸棒 六角棒

鉄 板販売品

鋼板 (PL) 縞切板 エキスパンドメタル パンチングメタル
板(鉄板・鉄鋼板)
(鉄プレート)
縞鋼板・縞階段曲板
(チェッカープレート)
エキスパンドメタル パンチングメタル

鉄継手・その他販売品

継手 足場継手 フランジ ボルト・ナット
継手 足場継手 フランジ ボルト・ナット

覆された製鉄の起源(1)

0.書き変えられる製鉄の歴史

 ここ数年、日本の中近東文化センター(東京都三鷹市)がトルコで行なっているカマン・カレホユック遺跡調査において、日本人研究者が素晴らしい成果を挙げています。鉄の利用は、現在のトルコの地に栄えたヒッタイト帝国で、今から約3500年前、即ち紀元前1400年頃始まったと言うのが世界史の定説でしたが、それが覆され、ここ5~6年の間に一気に800年も遡ってしまったのです。

  キー・ワード:鉄器、はがね、隕鉄、人工鉄、ヒッタイト帝国、プロト・ヒッタイト、カマン・カレホユック遺跡、アラジャホユック遺跡、大村幸弘(さちひろ)

1.「はがね」(鋼)は語る

 そのドラマティックな発見の歩みを、一覧表にまとめてみました。No.1からNo.5まで、「世界最古の《はがね》」「世界最古の《鉄》」の年代が遡っていく様子がよく解ります。


一覧表   

覆された製鉄の起源(2)

 注目すべきは、これらの鉄片中に、鉄の中でも特に強靭な「はがね」あるということです。当時の強国エジプトと戦って勝利(カディッシュの戦い、BC1275)するほどの隆盛をヒッタイトが誇り得たのは、鉄の武器と戦車ゆえであったことは周知の事実ですが、それを支えた鉄は、普通の《炉の鉄》ではなく、古代世界において《良質の鉄》と呼ばれた「はがね」だったのです。

鉄鋼床   カマン・カレホユック遺跡は、トルコの首都アンカラの近くに位置する楕円形の丘で、紀元前2300年から約4000年にわたって営まれた集落跡が、層を成して存在しています。
日本のアナトリア考古学研究所が1985年に発掘を開始。以来、作業は2008年で第23次を迎え、毎年のようにアナトリアの文化編年史を書き変えています。

 この発掘により、人工鉄の起源は少なくともヒッタイト以前にまで遡れることがわかってきました。ヒッタイトは紀元 前2200年~紀元前2000頃にアナトリアに流入してきた印欧語族の民族ですが、その先住民族であるプロト・ヒッタイトがすでに開発していた鉄の生産技術を我が物とし、それを発展させることにより、大帝国を築き上げました。時に紀元前1400年頃のことです。カマン・カレホユック遺跡の構造は図1のようになっていますが、それまで世界最古とされていた「はがね」(鋼)は、同遺跡第Ⅲa層出土の鉄片、即ち紀元前1300年~紀元前1100年頃のヒッタイト帝国時代のものでした。ところが2005年の分析結果は、「世界最古の《はがね》」の年代を一挙に500年、そのわずか3年後の2008年には更に300年も引き上げてしまいました。人工鉄の生産は、従来考えられていたよりも遥かに早い時期に始まっていたのです。

 カマン・カレホユック遺跡から出土したこれらの鉄片に関しては、昨年、愛媛大学古代鉄文化研究センターが開催した国際シンポジウム「鉄と帝国の歴史」(2008年11月29日)で詳しい報告がなされています(2008年11月29日)。同遺跡で長年発掘調査を続けられている大村幸弘(さちひろ)・アナトリア考古学研究所所長の講演によれば、大帝国を築き上げ、大きな社会変革を成し遂げた原動力は、単に鉄を有していたからではなく、「はがね」の生産を可能にする最先端のハイテク技術の保有にあった、ということになります。 

図1

●愛媛大学古代鉄文化研究センター国際シンポジウム「鉄と帝国の歴史」

http://mutsu-nakanishi3.web.infoseek.co.jp/iron4/0812ehime00.htm

●中近東文化センター付属アナトリア考古学研究所

http://www.jiaa-kaman.org/index.html

●ヒッタイトの遺跡とその出土品は、こちらからどうぞ。

http://www.mineprofs.org/info/research/SOMP-05-Research-Ancient%20Metallurg-Ozbal.pdf


ancient anatolian metallurgy

続きを読む「覆された製鉄の起源(3)~(5)」