覆された製鉄の起源 (3)    ステンレス パイプ販売

関根鋼管 鉄鋼事業部のホームページへ

2. 表のNo.1No.2 の分析:ヒッタイト以前の地層から出土した鉄片
表中の No.1 の調査に関しては、「岩手県立博物館だより」No.106(2006年9月)で、分析にあたられた赤沼英男・上席専門学芸員(文化財科学)の報告を直接読むことができます。このときの<歴史の書き変え>は、第Ⅲ層の最下層で起きました。 
ステンレスパイプ販売&#59;ステンレス鋼材規格材料販売&#59;パイプ販売&#59;継手販売&#59;塩ビ!インターネット通販 関根鋼管株式会社
図2を見ればわかるように、第Ⅲ層は、上から順にa層、b層、c層に下位区分されるのですが、最下層のc層はアッシリア人の商人が居住して活躍した「アッシリア植民地時代」と呼ばれ、ヒッタイト人が国を築く前の時代です。このことは、従来の説に反して、ヒッタイト帝国がゼロから鉄作りを始めたのではないことを意味します。
では、この地に居住して商取引を行なっていたアッシリア人が製鉄の生みの親なのでしょうか。そう考えたくなりますが、この時点ではまだ結論を出すことはできませんでした。

 このとき分析に用いられた鉄片の写真が、赤沼英男氏によって、上記論文に紹介されています(図3a, b)。この錆の塊が、実は、炭素含有量約0.1~0.3%の「はがね」だったのです。2005年5月の時点では、これが「世界最古の《はがね》」です。
図3c は、表中に No.2 として示した、キュルテペ遺跡出土の鉄片です。この魚の形をした錆びた鉄片が、隕鉄ではなく人工鉄だと判明したことから、<ヒッタイト帝国が成立する400年以上も前に人為的に鉄が造られ、鋼の製造までもがなされていた可能性が高い>と、氏は考えるのです。 

まだまだ資料は乏しい。しかし、その乏しい資料は、確かに、鉄の歴史の1ページを書き変えました。<ヒッタイト帝国が鉄生産に果たした役割が製鉄技術のゼロからの開発ではなく、既に認識されていた鉄の生産方法を改良し、強靭な鋼を一定量確保するための生産システムを新たに確立したことにあった可能性が高い、という重要な問題>が提起されたのです。赤沼氏は期待します、発掘が続けば、<アッシリア商人、ヒッタイト、およびヒッタイト帝国が成立する以前の原住民の関係に注視しつつ...ベールに包まれた紀元前2千年紀における鉄文化普及の変遷を明確にすることができるにちがいない>と。

ステンレスパイプ販売&#59;ステンレス鋼材規格材料販売&#59;パイプ販売&#59;継手販売&#59;塩ビ!インターネット通販 関根鋼管株式会社

 期待は裏切られませんでした。チャンスは3年後にめぐってきます。


本物の写真と報告文⇒ 赤沼英男「最古の鋼片の検出とその意味―ヒッタイト帝国が鉄生産に果たした役割の再検討」「岩手県立博物館だよりNo.10620069http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/tayori/106p2.pdf

 

中近東文化センター付属アナトリア考古学研究所
http://www.jiaa-kaman.org/index.html 

 

●ヒッタイトの遺跡とその出土品は、こちらからどうぞ。
http://www.mineprofs.org/info/research/SOMP-05-Research-Ancient%20Metallurg-Ozbal.pdf



ステンレスパイプ販売&#59;ステンレス鋼材規格材料販売&#59;パイプ販売&#59;継手販売&#59;塩ビ!インターネット通販 関根鋼管株式会社

(C)Dr.Kazuko OKADA


鉄鋼事業部のホームページへ

 

ようこそ!\(^o^)/鉄鋼事業部のホームページへ

ようこそ!\(^o^)/IT事業部のひまわりショッピングモールへ

ようこそ!\(^o^)/ひまわりショッピングモール(フィギュアブログ)へ

ようこそ!\(^o^)/ひまわりショッピングモール店長のひとりごとへ

ようこそ!\(^o^)/ひまわりショッピングモール店長のひとりごと(外部ブログ)へ

鉄鋼事業部・直営ブログ=最下段に有る「タグ」を利用して、ジャンル別に見る事が出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sekine.dip.jp/blog/mt-tb.cgi/260

コメントする

このブログ記事について

このページは、 SEKINE KOKAN co,.Ltd.が2010年11月14日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「覆された製鉄の起源 (4)    ステンレス パイプ販売」です。

次のブログ記事は「覆された製鉄の起源 (2)    ステンレス パイプ販売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。