群馬県富岡市・富岡製糸場(世界遺産)への旅!!2014年(6)

| コメント(0) | トラックバック(0)

繰糸場内には操業当時の様子を伺える写真が

何点か有りました!!

  

操業当時の旧富岡製糸場の工場全体の写真

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (52).jpg

  

操業当時の繰糸場内部(東京国立博物館蔵)

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (32).jpg

関根鋼管株式会社 鉄鋼事業部 販売サイト

ステンレスパイプ販売・鉄(スチール)パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレス化粧パイプ販売・鉄ガス管販売の関根鋼管株式会社

ステンレス配管パイプ販売・鉄STKM販売・鉄STPG販売の関根鋼管株式会社

ステンレス角パイプ販売・鉄角パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレスアングル販売・ステンレスフラットバー販売の関根鋼管株式会社

ステンレス丸棒販売・ステンレス板販売の関根鋼管株式会社

ステンレス継手販売・鉄継手販売の関根鋼管株式会社

ステンレスパイプ切り売り・鉄パイプ切り売り販売の関根鋼管株式会社

ステンレス販売・鉄販売(規格表・サイズ表)関根鋼管株式会社

関根鋼管株式会社のパイプ販売・鋼材販売・継手販売の取り扱い製品の写真

  

ヨーロッパから輸入したエンジンで 石炭燃料のボイラー

により蒸気を発生させ その力でエンジンを稼動させ

300人繰の繰糸器を動かしていたそうです!!(写真中 左側)

フランスから輸入した繰糸器械!!

この器械は 輸入当初のものに改良が加えられている

そうです!!(写真中 右側)

横形単気筒蒸気機関(通称:ブリュナ・エンジン)

(博物館明治村蔵)

  

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (28).jpg

  

座繰器を使った糸とりの様子(富岡市立美術博物館蔵)

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (26).jpg

関根鋼管株式会社 鉄鋼事業部 販売サイト

ステンレスパイプ販売・鉄(スチール)パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレス化粧パイプ販売・鉄ガス管販売の関根鋼管株式会社

ステンレス配管パイプ販売・鉄STKM販売・鉄STPG販売の関根鋼管株式会社

ステンレス角パイプ販売・鉄角パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレスアングル販売・ステンレスフラットバー販売の関根鋼管株式会社

ステンレス丸棒販売・ステンレス板販売の関根鋼管株式会社

ステンレス継手販売・鉄継手販売の関根鋼管株式会社

ステンレスパイプ切り売り・鉄パイプ切り売り販売の関根鋼管株式会社

ステンレス販売・鉄販売(規格表・サイズ表)関根鋼管株式会社

関根鋼管株式会社のパイプ販売・鋼材販売・継手販売の取り扱い製品の写真

    

フランス式繰糸機を使った繰糸作業の再現図

(富岡市立美術博物館蔵)

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (27).jpg

  

横田(和田)英 さん(写真)は 技術伝習工女の一人

当時の工女の日常を記した「富岡日記」!!

この日記の元となった回想録の著者で

絹産業など日本の近代化に 工女の活躍貢献ぶり

が書かれているそうです!!

  

群馬県富岡市 富岡 富岡製糸場 繰糸場内

tomioka (31).jpg

関根鋼管株式会社 鉄鋼事業部 販売サイト

ステンレスパイプ販売・鉄(スチール)パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレス化粧パイプ販売・鉄ガス管販売の関根鋼管株式会社

ステンレス配管パイプ販売・鉄STKM販売・鉄STPG販売の関根鋼管株式会社

ステンレス角パイプ販売・鉄角パイプ販売の関根鋼管株式会社

ステンレスアングル販売・ステンレスフラットバー販売の関根鋼管株式会社

ステンレス丸棒販売・ステンレス板販売の関根鋼管株式会社

ステンレス継手販売・鉄継手販売の関根鋼管株式会社

ステンレスパイプ切り売り・鉄パイプ切り売り販売の関根鋼管株式会社

ステンレス販売・鉄販売(規格表・サイズ表)関根鋼管株式会社

関根鋼管株式会社のパイプ販売・鋼材販売・継手販売の取り扱い製品の写真

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sekine.dip.jp/mt/mt-tb.cgi/9175

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4

この記事について

このページは、k_corp_skkが2014年12月12日 11:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「群馬県富岡市・富岡製糸場(世界遺産)への旅!!2014年(5)」です。

次の記事は「群馬県富岡市・富岡製糸場(世界遺産)への旅!!2014年(7)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。